生活

iPhoneを落とさない方法を試してみた。もう二度壊したくない人必見。

私が初めて購入したスマホはiPhone5でした。

そして初めて壊したスマホもiPhone5でした。

iPhoneデビュー1週間で画面を壊したという実績の筆者が、そこからiPhoneをいかに壊さないようにするか試してきた実践記です。

そもそもiPhoneはスマホの中でも壊れやすい?

iPhoneが壊れやすいといってもこれは相対的な話で、いわゆるアンドロイドのスマホと比べて壊れやすいという意味だと思います。

iPhoneそのものの強度がそもそも不足しているという意味ではないです。

当時の私はiPhoneが壊れやすいとは聞いておりましたが、まさか1週間で壊すとは思っていませんでした。

iPhoneが壊れやすい原因は、本来はメリットであろうその薄さとツルツルと滑る手触りでしょう

非常に手からこぼれ落ちやすいのです。

その結果、画面や液晶が壊れるという悲惨な出来事がよく起こります。

iPhoneは見た目がカッコイイので、携帯ケースを利用しない人が多いのも画面破壊に一役買っているかもしれません。

私は今までにiPhone5→5s→6→6s→7とiPhoneを渡り歩いておりますが、資産として手元に残っているのは直近の6sと7だけです。

5~6までの3つのiPhoneは全て画面が壊れました。

私が悪いのかiPhoneが悪いのか・・・(私が悪いんですけどね笑)

iPhone5時代からの私の画面割れ対策方法を、少し振り返ってみましょう。

iPhone5を史上最速で破壊。保証は?

前述のとおり、私はiPhone5を購入から1週間で破壊しております。

iPhoneを買ってから間もなかったので、スマホケースをつけておりませんでした

そしてこの時から私とiPhoneの戦いは始まったのです。

実はiPhoneには1年間の保証期間があります。

また、iPhoneには「AppleCare」という有料の保証サービスもあります。

1万円前後の追加費用はかかりますが、サービスに加入すると保証期間が2年間に延長されます。

さらに有料交換になる場合の費用が安くなるというメリットもあります。

私は今でもAppleCareには入らない派で、当然その当時も加入しておりませんでした。

なぜなら保証制度の内容に疑問を感じるからです。

保証期間内であれば基本的に無償交換できるのですが、問題は対象となる故障の範囲です。

なんと液晶画面のひび割れが対象外なのです

どう見ても1番壊れやすい箇所が保証の対象外で、結局費用がかかるなんてことあります?

これが理由でAppleCareには加入しておりません。

私の無残にひび割れしたiPhone5は、発売した直後だということもあり修理に2万円以上かかりました。

一体何のための保証期間なのでしょうか・・・

泣く泣く修理後に初めてスマホケースを購入。

この時購入したのはハードタイプのスマホケースでした。

しかし悲劇は再び起こりました。

ハードタイプのスマホケースだと落下の衝撃を上手く吸収できないのか、不意に落とした際に画面が割れてしまったのです

iPhone5を購入してから1年も経たない間に2回も壊すなんて・・・

2度目に画面が割れた際はもう修理しませんでした。

大人しく次の世代のiPhoneが出るまで、画面が壊れたiPhoneを使用しました。

ようやく発売のiPhone5s

待ちに待ったiPhone5sの発売日がきました。

懲りずに発売日に購入し、画面が壊れたiPhone5とはおさらばしました。

画面さえ壊れていなければ、wifi環境でまだまだ使用できるのものなのに本当にもったいないという思いと、次こそは壊さないという思いが錯綜していました。

前回ハードケースで壊した教訓を踏まえて、シリコンタイプの柔らかいスマホケースを購入しました

これであれば万が一iPhoneを落下させてしまった場合も、衝撃を吸収してくれるであろうと期待しておりました。

しかし現実は違います。

シリコンタイプの柔らかいスマホケースを以てしても、iPhoneを衝撃から守ることはできませんでした

そんなに高いところから落ちた訳ではありません。

ポケットからこぼれ落ちただけです。

自宅のフローリングに落ちたので、地面がボコボコしていたわけでもありません。

なぜ壊れるiPhone・・・

このiPhoneは結局1度も修理することなく、次のiPhoneが発売した時に捨てました。

この頃はAppleCareに入っていない以上、修理したらある意味負けなのだと思っておりました。

サイズが突然大きくなったiPhone6

あれ?

なんか大きいぞ?

iPhone6には非常に驚かされました。

画面が大きいのは良いのですが、男の手でようやく掴めるぐらいの大きさ。

手の小さい女性はどうやって持つんだろう?

iPhone5sよりも格段に落としやすそうだなと思いつつもすぐさま購入。

不安要素がたくさんあるiPhone6をどうやって守ろうかと考えた末、強化ガラス+シリコンスマホケースのダブルロックでがっちりとiPhoneを守ることにしました

このひび割れ対策は非常に良かった。

相変わらずよくiPhoneを落としていたが、中々壊れません。

この頃は完全に有頂天でした。

しかしまたもや悲劇は訪れるのでした。

机の上に置いていたiPhoneが落下・・・

心配になりながらもどこかで大丈夫だとも思っておりました。

恐る恐る画面を見てみると、画面が映らない・・・

ひび割れこそ薄く入っているだけで済みましたが、液晶が故障してしまったのです。

強化ガラスで表面のガラス部分を守ることはできましたが、iPhoneの内部的な部分までは守ることができなかったのです

これは本当にショックでした。

ここまでしてもダメなのかと。

この時ばかりはiPhoneは壊れるもので、大人しくAppleCareに入って修理をするのが正攻法なのかと強く思いました。

iPhoneは落としたら負けです

様々な後悔の中、最後の最後に思いついた手段。

それはそもそもiPhoneを落とさないことです

落とす前提で考えているから、いつまでも壊し続けていたということに気がついたのです。

これで壊したら一生ガラケーだなと決心し、iPhone6sを購入。

スマホを落とさないためにできることを考えた結果、首からストラップをかける方法にたどり着きました

今まで強化ガラスやスマホケースにはそれなりに高い金額を投資しておりましたが、今回は100円均一でスマホケースとストラップを購入しました。

落とさないことが前提なので、ストラップを付けることができるスマホケースならなんでもよかったのです。

購入後は自宅でも外出先でも常に首からぶら下げてました。

手が滑っても床には落ちません

ポケットからこぼれ落ちることもないです

常に私のお腹のあたりにぶら下がっているのです。

結果的にこの作戦に転じてから、1度もiPhoneを壊しませんでした

長かった私とiPhoneとの戦いもようやく幕を閉じました。

去年iPhone7を購入し、人生初のiPhone2台持ちにもなりました。

まとめ

3台ものiPhoneを壊して辿りついた私のiPhoneを絶対に壊さない方法。

それはiPhoneにストラップをつけて首からぶら下げるというものでした

100%の保証はできませんが、99%安全だと言い切れる方法なのでぜひ試してみてください。