ソフィーヤ|強力な奥義である竜穿を習得、速さ以外のステータスがとても高いのも魅力

今回はFE(ファイアーエンブレム)ヒーローズのソフィーヤが、星4レベル最大になりましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

ソフィーヤが登場するFEシリーズ

「ファイアーエンブレム 封印の剣」より登場です。

ファイアーエンブレム封印の剣は、2002年3月にゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売しております。

ソフィーヤはナバタの里に住むシャーマンとして登場します。

ソフィーヤのプロフィール

未来を予知することができる竜族と人間のハーフです。

ナバタの里には人間はいないため、人間と接することに慣れておりません。

髪の毛がとても長く、引きずって歩いているらしいです。

竜族のハーフなのでマクムートとして登場させても良かったのでは!?・・と思ってしまいますが、残念ながらFEヒーローズでは人間枠として登場です。

FEシリーズでの絵師と声優

絵師はザザさんです。

引きずって歩いているだけあって、髪がとても長いです。

竜族とのハーフですが、人間の血の方が強いのか、見た目には竜族っぽい要素があまりありません。

ファイアーエンブレムのキャラクターは個性を色で出すことが多いのですが、ソフィーヤの場合は紫のようですね。

声優は大西沙織さんです。

どうやらソフィーヤはお話は苦手のようです。

ソフィーヤとTALK!してみました

「ウッフフ」

ウフフ

「体がフワフワします」

まさか飛べるの?

「外って・・・広いんですね」

世界は広いけど、島国から出ません!(笑)

「えっ・・私・・ですか?」

そうです。アナタです。髪を踏んでますよ!

「なんだか・・ドキドキします」

ドキドキドキ

「そういう・・挨拶ですか?」

最近気づきましたが、私(召喚士)ってまぁまぁセクハラしている気が・・・

ということで、全6パターンのTALK!が収録されておりました。

独特の間がありますが、人間の言葉は分かるようです。

ソフィーヤの能力紹介

ソフィーヤのステータス画面は星4レベル最大のものです。

ソフィーヤは赤属性の歩兵で、武器は魔道です。

速さ以外のステータスがかなり高いです。

使い方によっては恐ろしいほど強力なキャラクターになる素質があります。

敵の追撃対策が必須になりますが、そこさえどうにかなれば攻守に秀でた不沈艦となるでしょう。

スキル継承をうまく利用して最強のソフィーヤを作り上げましょう。

ソフィーヤのスキル

ソフィーヤのスキルをご紹介致します。

武器はノスフェラート+です。

威力13 射程2

武器は他の魔道士の武器と比べると、弱い武器に思えます。

○○ブレードや○○レイヴンを継承させることにより、とても強力な攻撃を繰り出すことができるようになります。

このまま使用しても弱いわけではないですが、物足りない場面もたくさんあると思います。

出来れば真っ先にスキル継承させたい箇所です。

補助スキルは習得しておりません。

奥義は竜穿です。

カウント4 攻撃+50%

多くのダメージを与えられる奥義です。

他のスキルを継承させる必要はございませんが、回転率の良い奥義に継承しても問題ありません。

スキルAは明鏡の一撃3です。

自分から攻撃した時、戦闘中の魔防+6

スキルAには○○レイヴンを継承させた場合には、相性激化3を継承させるのが良いでしょう。

○○ブレードを継承させた場合には、獅子奮迅3を継承させるのが良いです。

どちらの場合も強力な攻撃を繰り出すことができますが、個人的には○○レイヴン+相性激化3で局所的に強いキャラクターに仕上げたほうが使いやすいと思っております。

スキルBは習得しておりません。

スキルCは魔防の鼓舞3です。

ターン開始時、周囲1マスの味方の魔防+4(1ターン)

このまま使用しても問題ありませんが、少しでも追撃を避けるために速さの威嚇3を継承させるのもアリです。

SPに余裕がある場合には継承させてみましょう。

まとめ

補助スキルには移動系でも、ステータス上昇系でもどちらのタイプを継承させても問題ありません。

ソフィーヤ自体が壁役になることができるので、どちらのタイプの補助スキルでも有効に使用することができるでしょう。

入れ替えや回り込みで味方の壁役になるか、シンプルに攻撃の応援などを継承させてソフィーヤで攻撃を受けたあとに、味方に攻撃してもらうのが理想です。

スキルBには現状では差し違え3か待ち伏せ3ぐらいしかソフィーヤの低い速さをカバーできるスキルは存在しません。(重装タイプだったら守備隊形3があります)

差し違え3は自ターン時、待ち伏せ3は敵ターン時に効果を発揮するものなので、好みで継承させましょう。

とりあえずでスキル継承するのが嫌な方は、この枠は開けておいて新スキルを待つのアリだと思います。

速さの低ささえなんとかなれば、非常に強力なキャラクターです。

射程が2マスなので、うまく立ち回れば敵からの追撃を逃れつつ攻撃に参加することも可能です。

現状では速さの低さをカバーするスキルが少ないので出番は少ないかもしれませんが、ファイアーエンブレムエコーズのキャラクターであるエフィの「火薙ぎの弓+」のように、自分が追撃できない代わりに、敵からも追撃されないといったスキルが追加されたことから、今後同様のスキルがABC枠にも追加されていくことが予想されます。

今のうちにSPポイントを貯めておき、スキル追加となるその時に備えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。