FEヒーローズ

ラインハルト|ダイムサンダで2回攻撃、待ち伏せ3も習得

今回はFE(ファイアーエンブレム)ヒーローズのラインハルトが、星4レベル最大になったのでご紹介致します。

ラインハルトが登場するFEシリーズ

「ファイアーエンブレム トラキア776」より登場です。

ファイアーエンブレムトラキア776は、1999年9月にスーパーファミコン用ソフトとして発売しております。

原作では仲間になりませんが、トラキア776最強の敵として登場します。

ラインハルトのプロフィール

フリージ家の騎士であり、オルエンの兄でもあります。

紳士とはまさにこの人のためにある言葉でしょう。

原作では味方になりそうなキャラクターなのに、残念ながら味方になりません。

FEヒーローズでは妹のオルエンと共に騎馬に乗って登場します。

2回攻撃が可能なダイムサンダを装備しておりますので、騎兵の魔道士として活躍するのは間違いないでしょう。

FEシリーズでの絵師と声優

絵師はcuboonさんです。

髪がしっかりとまとまっていて、仕事ができる感がひしひしと伝わってきます。

原作では剣も装備していたので、原作に忠実に剣も携えております。

服装もどことなく品がある感じで、とてもカッコいいです

ラインハルトを見ると、当時全然倒せなかった記憶が蘇ります。

味方になると思って試行錯誤した結果、結局味方にならないという・・・

声優は利根健太朗さんです。

こんな話し方のできる大人になりたいです。

ラインハルトとTALK!してみました

「あなたにご兄弟は?私はオルエンという妹が」

兄がエルトシャン、妹がラケシスだったら最高でした。

「ウォッ!ご冗談はおやめください」

さすがにその髪をぐちゃぐちゃにするのはやりすぎました

「ご命令でしょうか?」

剣も装備して欲しいんだけど!

「フッ」

フフッ

「私の知る天才軍師サイアス。果たしてあなたとどちらが上か」

サイアスもFEヒーローズの世界に来ますか?

「あなたは類まれな戦の才を持っておられる」

最近闘技場で7連勝できません・・・

 

ということで、全6パターンのTALK!が収録されておりました。

ラインハルトは、理想の上司ナンバー1になれそうなキャラクターでした。

ラインハルトの能力紹介

ラインハルトのステータス画面は星4レベル最大のものです。

ラインハルトは青属性の騎兵で、武器は魔道です。

魔道の2回攻撃が最大の魅力です。

騎兵なので行動範囲も広く、かなり遠くの敵まで攻撃の対象となります。

2回攻撃持ちなので、攻撃が低めなのは仕方のないことですが、その他のステータスも若干低めです。

打たれ弱いので、ヒット&アウェイでうまく立ち回る必要が出てきます。

大ダメージが出せる奥義を習得しますので、2回攻撃と合わせて攻撃面では不満はないでしょう。

HPが減ると先制攻撃ができるスキルも習得できるので、HP管理も大事なキャラクターといえるでしょう。

ラインハルトのスキル

ラインハルトのスキルを紹介いたします。

武器はダイムサンダです。

威力9 射程2 自分から攻撃した時、2回攻撃 速さー5

魔道の勇者武器です。

2回攻撃が可能なので、威力が弱めに設定されております。

ラインハルト固有の武器なので、できれば他の勇者武器と違った性能を上乗せしてあげても良かったような気がします。(威力が1高いかも)

騎兵で魔道2回攻撃なのはラインハルトだけなので、現環境では十分に活躍できるでしょう。

補助スキルは習得しておりません。

奥義は烈雷です。

カウント5 自分から攻撃した時、戦闘前、特定範囲の敵に自分の攻撃-敵の守備or魔防)×1.5のダメージ

とても強い攻撃が可能な奥義です。

ラインハルトは攻撃が低いですが、2回攻撃とこの奥義により高い攻撃性能を発揮します。

強力な奥義なので、このまま使用することをオススメします。

スキルAは習得しておりません。

スキルBは待ち伏せ3です。

自分のHPが75%以下で、敵から攻撃された時、先制攻撃

うまくHP調整することができれば、敵から攻撃されても2回攻撃のカウンターを与えることができます

非常に強力なスキルなので、このまま使用する方向で他のスキル継承を組み立てていきたいです。

スキルCは攻撃の紋章2騎刃の紋章の2択です。

攻撃の紋章2 周囲1マスの味方は、戦闘中、攻撃+3

騎刃の紋章 周囲2マスの味方騎馬は、戦闘中、攻撃、速さ+4

騎刃の紋章を習得するので、ラインハルト以外にも騎兵の味方をパーティに入れたいところです。

どうしても騎兵をパーティに含むことができないときだけ、攻撃の紋章2を装備しましょう。

まとめ

補助スキルは献身か、相互援助を継承するとHP調整がしやすく、スキルBの待ち伏せ3の効果をうまく発動することができます。

行動範囲が広いので、入れ替えぶちかましなどの移動系のスキルを継承することにより味方の機動力をあげることもできます。

 

スキルAは獅子奮迅3か死線3が良いでしょう。

獅子奮迅3の効果でHPを減少させて、スキルBの待ち伏せ3を使いやすくするのはアリです。

さらに攻撃を高めて敵を確実に倒したい場合には、死線3を継承させましょう。

 

騎兵の魔道使いは希少な存在なので、今後も出番が出てきそうです。

星4だとダイムサンダを習得することができないので、星5にしたときに真の力を発揮することができます。

星4で召喚した場合には育成は後回しでも構いませんが、運よく星5で召喚できた場合には、すぐに育てることをオススメします。