皮膚のかゆみを抑えるデザレックスを服用していたら、かゆみだけでなく鼻炎も改善

夏と冬が嫌いな筆者です。

というのも、夏は汗をかいて肌がかゆくなり、冬は乾燥して肌がかゆくなります。

季節特有の良さもあるのかもしれませんが、私のようなアトピー気味の肌を持つタイプにはちと酷です。

寝てる間にも体をかきむしっているのか、体をかきむしってもがいている夢をよく見ます・・・

今まではかゆみがあっても弱めのステロイドを塗ってごまかしてきたのですが、2017年の冬は特に厳しく、かゆみが中々収まらなかったので皮膚科を受診しました。

皮膚科の先生にかゆみを訴えると、デザレックスという内服薬を処方していただきました。

内服薬の服用は初めてだったので、不安な面もありましたが、数ヶ月服用し続けてみるととても調子が良くなってきました。

このお薬のおかげで、かゆみが減り、現在では安眠することができております。

今回は私の実体験をもとに、お薬の効き目や副作用についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

デザレックスとは

デザレックスとは2016年11月に発売したばかりの新薬です。

デザレックスとはアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うそう痒の適応を有する、新規有効成分の第二世代抗ヒスタミン薬です

「http://www.kyorin-gr.co.jp/news/2016/001092.shtmlより」

かゆみの原因はヒスタミンと呼ばれる物質の過剰な分泌が原因とされております。

このかゆみの原因であるヒスタミンを抑えてくれるのが、抗ヒスタミン薬であるデザレックスです。

既存の抗ヒスタミン薬と何が違うのか

これまでの抗ヒスタミン薬とデザレックスとの違いは大きく分けて4つあります。

効果に個人差が生じにくい

今までの抗ヒスタミン薬は、種類によっては当たり外れがあった(個人差の影響)のですが、デザレックスは効果に個人差が生じにくいものとなっているそうです。

抗ヒスタミン薬初心者の私も、この説明を受け、安心して服用することができております。

眠気と傾眠

デザレックスは眠気の副作用がとても少ない(ゼロではありません)と言われております。

私は夜9時頃にデザレックスを服用するようにしております。

実際に数ヶ月服用しましたが(現在も服用中)、特に眠気は感じませんでした。

1日1回、夜のみの服用なので私的には眠くなっても良いのですが、薬の影響で眠気が訪れたことはないと思っております。

眠くなっても良い方は、デザレックスにこだわる必要はないのかもしれませんが、夜でも仕事や車の運転などがある方は医師と相談の上で処方してもらいましょう。

食事や飲み物の影響を受けにくい

既存の抗ヒスタミン薬は服用するためのルールが多かったりします。

空腹時じゃないとダメだよー

食後に飲んでねー

ジュースを飲むと効果が弱まるよー

せっかくかゆみの煩わしさを抑えるために飲んでいるのに、他に煩わしいことができていたら元も子もないですよね。

デザレックスでは、食事や飲み物の影響を受けにくいとされております。

私の場合は夜9時に服用すると決めておりますが、食事がその時間より前になることも、後ろになることも当然ございます。

また、飲み物も好きに飲んでおります。

こういった制限がかからないことも、デザレックスを飲むメリットといえます。

費用が安い

ジェネリック(後発医薬品)は別として、新薬の中では非常にリーズナブルな価格です。

デザレックス5mg 1日1回69.4円

3割負担で1日21円弱といったところでしょうか。

1ヶ月毎日服用したとしても、31日×21円=651円です。

デザレックスが登場するまでに人気だった薬の単価も載せておきます。

・アレグラ60mg 1日2回64.9円

・ザイザル5mg 1日1回96.4円

・アレロック錠5 1日2回51.5円

・クラリチン錠10mg 1日1回86.7円

他にも種類はございますが、参考程度ということで。

効果が出るまでの時間と持続時間

デザレックスは即効性があり、持続時間が長いといわれております。

即効性があるということで、30分ぐらいで効いてくるのかな?と期待しておりましたが、体感的には薬が効いてくるまでに1時間程度はかかるような気がしました。

毎日服用しておりますが、薬の効果を感じられるまでの時間に変化はありません。

毎日服用してから1時間ぐらい経つと、かゆみが抑えられている印象を受けます。

一方で、持続時間は確かに長いと感じております。

夜の9時に服用し、かゆみが出始めるのは夕方6時頃といったところでしょうか。

およそ21時間もの間、効果が持続していることになります。

実際の効果

明確に効果は感じ取れますが、おそらくそこまで超強力な薬というわけではなさそうです。

服用していても多少のかゆみは訪れます。

アトピー肌を完治させる薬ではないため、アトピーを治すためにはまた別の治療が必要そうです。

しかし、服用しないよりは遥かにマシです。

あくまで我慢できる程度にかゆみを軽減してくれる薬として服用するのが良さそうです。

できればその間にアトピー肌を治したいものです。

ついでにアレルギー性鼻炎と花粉症も抑えられた!

私的には副産物だったのですが、デザレックスは皮膚のかゆみだけでなく、同時にアレルギー性の鼻炎や花粉症の症状も和らげてくれました

私の花粉症の症状は重度ではないので、薬を服用するレベルではなかったのですが、鼻炎の方は慢性的に症状が出ておりました。

しかし、デザレックスを服用し始めてから鼻呼吸がとてもしやすいです。

鼻がまったくつまらないので、本当に快適です。

元々花粉症の症状が強い方は、すでに別の抗ヒスタミンの薬にお世話になっているかもしれませんが、もしまだ試したことがないという方は医師と相談のもと、デザレックスも選択肢に加えておきましょう。

まとめ

デザレックスはとても安価で、副作用が少ないという点、そして効果に個人差が出にくい薬という点も、抗ヒスタミン薬初心者の方にオススメの薬といえるかもしれません。

非常に優秀で使いやすい抗ヒスタミン薬なので、これから服用する方が増えるかもしれませんね。

新薬なので2017年の12月頃までは処方できる日数に制限がかかっており、最大で2週間分しか処方してもらえない点にだけ注意しましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 坂本 より:

    とってもわかりやすく参考になる記事でした。ちょうどアトピーで痒みがひどく、仕事の関係で皮膚科にも行けない状況で、たまたま行けた内科でデザレックスを処方されて飲むのに躊躇していたところでしたので、効果があると知れてから安心して飲むことができました。また鼻炎持ちでもあるため、鼻炎を抑える効果にも期待しています。このような素晴らしい記事を書いてくださって、ありがとうございました。心から感謝いたします。