スポーツ

日ハム大谷翔平の二刀流が日本野球を変える

投手って野球選手の中でも一際目立ちますよね。

マウンドに一人立つ姿は素人目に見てもカッコイイです。

今回はそんな一人の侍の話です。

日本野球界に衝撃 大谷翔平はマンガの世界の住人である

2016年の日本野球界は非常に盛り上がりました。

そしてその中心にいた人物こそが、二刀流の大谷翔平選手です。

聞きしに勝る活躍ぶりは全国の野球ファン、そして野球少年・少女たちに夢を与えたことでしょう。

今回は日本、そして海外から今最も注目されている野球選手である大谷翔平選手の魅力に迫っていきます。

そもそも体格が違う

日本人野球選手の平均身長は180センチ前後ですが、大谷選手は193センチ

日本人野球選手の平均体重は80キロほど。大谷選手は体重92キロ

体格だけで比較しても別格なのが分かります。

一体どれだけのトレーニングをしたら作り上げられる肉体なのでしょうか。

ぜひトレーニング本を出版して欲しいです。

剛速球と呼ぶにふさわしい、日本球界最速の球

恵まれた体格から繰り出される球は、日本球界最速の165キロである。

これはもう言葉になりません。

150キロぐらいで速球派と呼ばれるのに、そこから15キロも速くなったらまた別の呼び名を考えないとダメですね。

これから先、彼の球速を超える日本人投手は現れるのでしょうか?

素人の私はバッティングマシーンの100キロの球ですらようやく当てるのが精一杯です。

大谷選手はさらに170キロを目指しているとのことですから、異次元過ぎます。

打者としても超一流のパワーヒッターである

2016年の大谷翔平選手の打者としての成績は打率.322、そして本塁打22本安打104本でした。

これは大谷翔平選手が所属する日本ハムの4番打者であり、同じく超一流のパワーヒッターである中田翔選手の本塁打25本と比べても遜色ない数字なのです。

こんな野球選手はマンガでしか見たことがありません

マンガだと投手が打者としても優れている設定は往々にしてあります。

定番の設定といっても過言ではありません。

しかし、現実は違います。

きっと私の人生で唯一、最初で最後の2刀流の選手になるのでしょう。

どこまで成績を伸ばすのか今後も非常に楽しみですが、まさしく国宝級の人物なので怪我だけはして欲しくないですね。

本来野球は攻守交代制なので、役割が大きく分かれるもの

野球はサッカーやバスケットボールなどの競技と異なり、攻めや守りが流動的なものではない。

それゆえに、そもそも投手と打者を同じ人間がする必要性がないのだ。適材適所なのが野球というスポーツの面白いところでもある。

そういった野球の常識を覆そうというのだから、どのメディアも大谷選手を注目せずにはいられません。

大谷選手に注目していれば、歴史の立会人になれるでしょう!

大谷選手だけではない!?アメリカは変速二刀流が許される国

私の中で二刀流といえばやはり宮本武蔵です。佐々木小次郎との巌流島の戦いは非常に有名ですね。

実はアメリカには変速二刀流と呼ばれるプレイヤーがおります。

野球とアメリカンフットボールの二刀流 ボー・ジャクソン」選手

彼は野球のオールスターゲームだけでなく、アメリカンフットボールのオールスターゲームにも選出された変速二刀流プレイヤーなのです。

日本では許されない行為なのかもしれませんが、彼は野球がシーズンオフになるとアメフトをするといった荒技で人気を博したのです。

引退後にメジャーリーグに挑戦したバスケットボールの神様 「マイケル・ジョーダン」選手

この名前をご存知の方も多いかと思います。意外なことに彼は一度バスケットボール選手としてのキャリアを捨て、野球の道に進んでいます。

これがどれだけスゴイことかというと、ゴルフ界の超一流選手であるタイガー・ウッズ選手がいきなり今日からテニス選手になりますと言い出すようなものなのです。

そして実際に彼は野球選手としてのキャリアをスタートさせましたが、あまりうまくいかなかったようです。

とはいえ、こういった挑戦ができること自体が素晴らしいことですよね。

メジャーリーグでの活躍が期待されている

やはり野球選手の夢といえばメジャーリーグ。

チャンスがあれば野球選手ならば誰しもが行きたいのでしょう。

大谷翔平選手も例外ではございません。

高校時代からアメリカ行きを視野に入れていたようです。

来年か再来年になるかは球団次第なのでしょうが、近いうちにアメリカで活躍する大谷選手の姿が拝めるのかもしれませんね。

大谷翔平選手のまとめ

2016年は大谷選手にとって飛躍の年でした。しかし、彼はまだまだ現状に満足していないようなコメントを出しております。2017年はさらに進化した彼が見られるのでしょうか?

また、メジャー行きも期待されておりますが、日本で活躍する姿を見たいというのもファンの真理ですよね。

ともあれ、2017年も大谷翔平選手に注目していきましょう。